instagram

INTERVIEW

社員インタビュー
風間 航太
総合職・総務課
2019年入社
風間 航太
KOTA KAZAMA

現在の仕事の内容、面白さ、やりがい

現在は総務部として毎月の売上データや社内備品の管理、請求ミスが起きていないかのチェック、各顧客の契約情報の精査などを行いながら、必要に応じて営業活動の補助や受電による一次受付を行っています。また、RPA開発プロジェクトにも加わらせていただいており、単純作業の自動化を図ることで業務効率の向上に微力ながら貢献しています。私は大学時代経理関係の勉強を行っていたわけではないので、総務という仕事は毎日が新鮮であり、しかも上記のような幅広い業務に携わらせていただいていることで、日々の業務はやりがいだらけです。私が今いる場所は、与えられた仕事をこなしていくことはもちろん、自分から会社にとってプラスになることを見つけ、上へ提案し、実際にそれを業務としてこなしていくことのできる環境であるため、毎日楽しく業務に取り組めています。

SCHEDULE

ある日のスケジュール
8:45
出社
9:00
社内管理・備品チェック
12:30
お昼休憩
休憩なしに午後を乗り切ることはできません。休みましょう。
13:30
顧客情報の精査
情報の行き違いやミスがないか確認。
16:00
RPA開発・修正
自動化できる業務を探しRPAロボを作成、改良します。
18:00
退社

NCVを選んだ理由

私は就活しているとき、これがしたい!こんな職に就きたい!といったはっきりしたものが正直ありませんでした。しいて言えば地元である新潟で働けたらいいな、くらいのものでした。そんなときに出会ったのが総合職という分野でした。何をしたかったわけでもない私にとってなんでもするという選択肢は盲点で、話を聞きたい、どんなことをしているのか知りたい、と感じたのがきっかけでした。実際、最初の合同説明会では技術職の話を聞き、会社説明会ではメディア関連の話を重点的に聞いていました。そして営業で1年間経験を積んで今は総務にいます。経験こそない私ですが今の仕事は私に合ったことができていると感じています。私の就活時の気持ちで流されるままに就活を終えていたら、どこに行ったとしても入社してから合わない、こんな会社だと思わなかった、といって後悔していたと思います。広く業務を行える、地元への貢献に取り組んでいる、また面接や説明会での雰囲気が好印象だったというところで私はNCVを選びました。

学校で勉強してきたこと

現在の業務に活かせているのであればそれも

私は大学時代プログラミングを学んでおり、Fortranという言語でラプラス変換を用いて境界要素法の研究を行っていました。おそらくこの時点で読むのをやめようと思っている人が多数いそうなので少し話を変えます。プログラミングを学んで現在はケーブルテレビの総務部。なぜ?と思う人もいるでしょう。私もたまに思います。ただ、データを整理・精査する上でExcelを活用していますし、RPA開発ではプログラミングの知識がなくても作れるとはいえ、あるに越したことはありません。一見無関係そうに見えて案外役に立つこともあるのです。また、良いように捉えれば私が歩んできたこの道は少数であり貴重です。この貴重なポジションであるが故に任せてもらえる仕事もたくさんあります。何を学んでどんな業務を行っていても、活かせることは必ずどこかしらにあります。大切なのはそれを見つけられるかどうかです。学生時代の勉強が無駄になることはありませんので、就活生の皆さんは引き続き勉強も頑張ってください。

私はNCVをこうしたい、今後の目標

NCVでは現在働き方改革に取り組んでいる一面があります。この前も他部署で残業の目立つ社員に上司が改善の余地がないか問いかけているところを見かけました。残業時間を減らす、とても大切なことであり私は今の時代当たり前なことだと思っていますが、見かけ上の時間だけ減らしたところで仕事量が手に負えないほどあっては意味がありません。残業時間を減らすという発想よりも業務時間内で済ませられる範囲に業務を調整することの方が重要であると思っています。私は現状にとどまることなく減らせる負担を積極的に減らすことで、NCVをより働きやすい会社にしていきたいです。あの頃はよかったのに、と社内から言われない会社にしていきたいです。そのために顧客情報のチェックを行い防げるトラブルは未然に防ぐ、RPA開発に力を入れて単純作業は自動化していく、といったことを頑張っています。

私はNCVをこうしたい、今後の目標

趣味、休日の過ごし方

私は休日テレビを見たり動画を見たりゲームをしたりと家の中で完結する趣味を満喫していることが多いです。昨今の情勢で外出する機会が減った、外で遊びづらくなった、という声を多く聞くようになったかと思います。私も名目上外出自粛を心がけていますなどと言ってはいますが、よく考えたら情勢が変わる前から自粛していました。私は仕事と休日を切り離さないと双方上手くいかないと考えているタイプなので、休日は誰よりもしっかり休んでいる自信があります。シフト制であることを利用して、家族や友達との時間を作りたいときは土日に、髪を切ったり銀行へ行ったり1人で何かを済ませたいときは平日に休みを取り、充実した日々を過ごしています。

就活生へメッセージ

これは私が就活していたときも軸にし、これまで後輩へアドバイスする機会があったときも言っていたことなのですが、”聞いていけないことなんてありません”。合同説明会や会社説明会、複数回の面接にそれらを行っている期間と、聞いて調べて判断する時間は実はものすごく用意されています。入社してからこんな会社だと思わなかった、なんて声を必ず毎年聞くと思いますが自分がそうならないコツは入社する前により多くを知っていることです。これは聞きづらいな、こんなこと聞いてマイナスイメージを持たれたらどうしよう、と考えてしまう人もいますが、そのまま聞かなかったことで入社後後悔する方が圧倒的に損です。聞けることは全部聞きましょう。会社が答えづらそうにしていたらそこはそういう会社だということを事前に知ることができます。説明会で質問をする、面接で思い切ったことを言う、緊張すると思います。そんなときは深呼吸をしましょう。そう、全集中の呼吸ですね。就活頑張ってください。

就活生へメッセージ