おまつりニッポン / 壮観劇場

地域を愛し、応援し、我が町の文化・情報を全国に発信するプロジェクト「おまつりニッポン」と「壮観劇場」です。

壮観劇場


山から海へ!セメント列車

6月24日(月)~

三重県いなべ市と四日市市を結ぶ三岐鉄道三岐線。1920年代にセメント輸送を目的に敷設され、日本で唯一、セメントを積んだ貨物列車が現役だ。藤原岳で原料を採掘する大型重機や1500度の高温でセメントを溶かす巨大なドラム。更にセメントの積み込みや貨物列車の入替作業などセメント列車が山を駆け下り、港から船が旅立つまでを追う。
制作:シー・ティー・ワイ(三重県四日市市)


心、奮わす。千人太鼓
7月29日(月)~

5年に1度、愛知県西尾市が太鼓の音で揺れる日がある。2014年に始まった「西尾千人太鼓」プロジェクトだ。地域住民、全国選抜のプロ団体、県内外のアマチュア和太鼓チーム千人が集結し、太鼓を打ち鳴らす。半年かけ一から創り上げる夢舞台。ほとばしる汗に、隆々とした筋肉、力強いバチさばき…千人が一つの音楽を奏でる姿にカメラが迫る。
制作:キャッチネットワーク(愛知県刈谷市)


おまつりニッポン

#31 「米沢上杉まつり 川中島合戦」 ・#32「第145回湯平温泉祭り」
7月15日(月)~


#31 「米沢上杉まつり 川中島合戦」
米沢上杉家の家祖である上杉謙信を祀る上杉神社の例大祭に合わせて開かれる春の一大イベント。上杉謙信と武田信玄が激突し、戦国史上最大の死闘と称された川中島合戦の再現では、700名を超える参加者が迫力の戦国絵巻を繰り広げました。
制作:ニューメディア米沢センター(山形県米沢市)


#32 「第145回湯平温泉祭り」
鎌倉時代に起源をもつと言われる湯平温泉。およそ300年前に作られたとされる風情ある石畳を舞台に地域色あふれる祭りが行われます。伝統を子どもたちが継承する湯平子供神楽や温泉女将考案の絶品スイーツも。地域の方はもちろん観光で訪れた方も、みんなで温泉の恵みに感謝するお祭りです。
制作:大分ケーブルテレコム(大分県由布市)


#33 「日枝神社山王祭 下町連合渡御」 ・#34「呼子大綱引」
8月12日(月)~


#33 「日枝神社山王祭 下町連合渡御」
「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」江戸三大祭り、日本三大祭にも数えられている日枝神社山王祭。東京都中央区には、日本橋日枝神社(摂社)があり、2024年は2,200日ぶりの下町連合渡御が開催されました。16基の山車や神輿の共演、都会に響く威勢の良い掛け声、その迫力をご覧ください。
制作:東京ベイネットワーク(東京都江東区)


#34 「呼子大綱引」
400年以上続く国の重要無形民俗文化財「呼子大綱引」
初日は「子供綱」、2日目は「大人綱」が行われ、岡組と浜組の若衆が「豊作」と「大漁」を懸けて3本勝負を繰り広げ、長さ約200メートルの大綱を一心不乱に引きあいます。呼子で受け継がれる綱引きの歴史、若衆たちの祭りにかける思いをお届けします。
制作:ぴ~ぷる(佐賀県唐津市)